うつ病の初期の段階に起こりうる初期症状とは

不眠はうつ病の初期症状でよく起こる症状の一つ

うつ病は早期に治療を行うことが重要であるといわれています。ですから、初期症状を知っておくことで、早期に治療を開始することができます。そこで、よく起こるうつ病の初期症状としては、不眠を挙げることができます。不眠が続くようになると、徐々に集中力がなくなってきたり、物事に対して意欲がわかなくなってきます。もしも、ストレスなどが原因で不眠が続くようであれば、うつ病に発展する可能性がありますから注意が必要になってきます。

身体症状が初期症状となるケースが多い

うつ病というと精神的な症状が主であるというようにイメージするかもしれませんが、実際は身体症状に初期症状として現れるケースも多いといわれています。身体症状で多い症状としては、肩こりや頭痛、腹痛といったうつ病以外でも起こりうる症状が初期症状として現れることが多いです。ですから、人によっては、内科を最初に受診して、あとからうつ病だと判明するケースもよくあります。もしも、内科などに行って特に異常がない場合は、うつ病を疑ってもよいかもしれません。

何事にも意欲がわかない

もっともうつ病の初期症状として、特徴的な症状としては、何事にも意欲がわかないということです。これまで、色々なことに興味があったり、実行することに対して抵抗がなかったのに、急に意欲がわかなくなってきた場合は、うつ病の初期症状が始まっている可能性が高いです。これまで楽しかったことも、なにかつまらなく感じたり、悲観的にとらえるようになった場合は要注意です。さらにすべての事に対して憂鬱な感情に支配されるようになったら、早めに受診をした方がよいでしょう。

うつ病の症状としては、気分の落ち込み・食欲低下・意欲の低下・イライラするなどがあります。体調を崩していないのに、気力がない人は早めの受診をおすすめします。