家に太陽光発電を取り入れることのメリットは!?その概要について

ソーラー発電で電気代が安くなる?

太陽光発電、つまりソーラー発電は、太陽がある限り発電ができるので、新しい発電方式として広まっています。一昔前であれば、発電効率の関係で大掛かりな設備が必要でしたが、今では小型でも十分な発電能力を備えており、屋根に備え付けられることも多くなりました。そして、発電した電気を家で使うことができるので、その分電気代が安くなります。もちろん設置費用も高くなりますから初期費用はかかってしまいます。しかし、長期的には十分初期費用を回収できます。

設置費用はどれくらいかかるのか?

では、設置費用がどれくらいかかるのか気になりますよね、これは設置業者により被害はありますが、100万円から200万円の範囲が相場です。これだけ見ると高く感じるかもしれませんが、10年ぐらいで元がとれます。また、電気が使い切れない場合でも電力会社に売ることができます。いわゆる売電というものです。そのため、決して消費しきれず無駄になるということはありません。興味がある方は、長期的な視点で考えてみると良いでしょう。

設置前に考えておくこと

後付けでソーラーシステムを屋根に装着する場合には、十分に発電ができるかどうかを検討しておく必要があります。太陽光発電は太陽の光が当たらない限り発電できないからです。建物の位置によっては、ビルの陰に隠れて光が当たらないことも考えられます。また、地域によっては、日光のあたらない時間が多い地域もあるでしょう。したがって太陽光発電設置を考えている方は、設置業者と相談したうえで失敗しないように注意しましょう。

太陽光発電のメンテナンスには、定期的なパネルの清掃や、パワーコンディショナーの更新などが必要となります。