手術は実は怖くない!治療経過も良好な事が多い包茎手術

しっかりとした殺菌消毒を行ってくれます

包茎を手術で治療する際には、包皮を切る事になるペニス自体の殺菌消毒を行うのは勿論の事です。それに加えて陰毛や睾丸の辺りまで、しっかりと消毒をしてくれるからこそ、手術後に包皮を切った部分に雑菌などが入り込みにくくなっています。それに加えて手術直後のガーゼの巻き方がとても丁寧なもので、少しペニスを動かした程度では、傷口と外部が触れ難くなっている点でも安心させてもらえますよ。炎症などが起きないか心配な人も、これなら不安を消せることでしょう。

手術後の包皮の綺麗さに驚かされる事も

多くのペニスの包皮を取り除いた後というのは、そのペニスの包皮の切り傷がグロテスクなものだと思い込んでいる方も珍しくありません。しかし最新の医療機器を使って行う包茎手術は、傷口がとても綺麗に切れてくれているものですから、縫合や癒着もスムーズに行われるのです。手術後のガーゼ交換は家庭で自分でやる事になりますけれど、ガーゼを取り外した瞬間に視界に入り込んでくる、包皮の傷跡の綺麗さに驚かされることでしょう。

痛み止めの効果は長時間持続してくれます

包茎手術を終えた翌日に仕事に出かけなければいけない人は、出勤途中にペニスが痛くなったらどうしようと不安になってしまうかもしれません。しかし傷口を上手く保護するガーゼの巻き方を教えてもらえますから、その指導通りにガーゼを巻いているだけでも、傷口を十分にガードする事が可能です。しかも処方される痛み止めの効果は長時間持続してくれるので、通勤に時間がかかってしまうという方であっても、身体を動かしている最中に傷みが生じ難いと言えます。

陰茎は成人になると成長が終わり、それ以上成長しません。包茎の人は陰茎の皮と亀頭が常時湿っている状態の為不衛生になります。病原菌が繁殖しやすい環境にはなりますが、必ずしも病気になるわけではありません。